Spica is also on a trip

mindだけはいつも旅

SFC修行 その5−8 Amazing! タロンガ動物園

2017年のSFC修行 その5
−1 羽田発那覇経由のシドニー行き 預入荷物問題
−2 駆け抜けろ、羽田空港!
−3 羽田からシドニー、入国と市街地までのこと
−4 ダーリングハーバーでオージービーフランチ

−5 サーキュラーキーへお船でどんぶらこ シドニー最古のパブへ
−6 ロックス周辺フォトツアーとアフタヌーンティー 
−7オペラハウスの見学ツアー
−8 Amazing! タロンガ動物園←今回
−9 ニュージーランド航空ラウンジと帰国・OKAタッチ 

 

一人になった3日目。シドニー最終日です。
この日は今回のメインイベントとも言うべき、タロンガ動物園に向かいました。

タロンガ動物園はシドニー湾の対岸に位置しています。橋を渡って陸路で行くことも可能ですが、サーキュラーキーから船で行くのがおすすめですね。

taronga.org.au

 サーキュラーキーでZOO passという、フェリーの動物園の入園料、動物園のケーブルカーの料金がセットになったチケットが購入でき、別々に購入するよりお得。

フェリーに乗ること、15分くらいかな、素晴らしい景色を見ながらあっという間でした。

振り返るとシドニーの中心部。

写真撮ったりしてたら、ケーブルカーに乗る行列の最後になってしまいました。

ケーブルカーに乗らず、この右手の方から園内に入ることもできます。
でも、このタロンガ動物園、山の斜面に作られていて、そちらから入るとずーっと坂を登りながら園内を回ることになります。
ここはケーブルカーで一気に最上部に行き、坂を下りながら見学するのが良さそうです(それでもアップダウンがあります)。

ケーブルカーは4人乗り。
おひとり様Spicaは、孫を連れた老夫婦と相乗りになりました。^^

ケーブルカーからもゾウなど見えました。

ケーブルカーを降りたら、右手に進むとエントランス。

斜面をうまく活かして動物が配置されていてとても感心しちゃいました。
このキリンさんなんか、特に。
草のバスケットがある下のデッキから見るので、キリンのお顔を間近に見ることができます。

放し飼いエリアも多くて、時々すごく近くに来ててびっくりしたり。

すぐそこワラビー。

このトカゲ(?)ちゃんは、足元ギリギリを通って来て、ビビりました。^^;

コアラももちろんいます!

ちょうどゴリラのFeeding Timeがはじまりました。
ただ餌をあげるだけではなく、ゴリラの頭の使いどころとか手の器用さとかが見られるような工夫がされています。
ゴリラの少年、がんばる。

ミーアキャットもかわいい。

二重扉が設置してある放し飼いエリアでは、触れそうなとこにこうやってゴロゴロねてます。
気持ち良さそうなので、起こさないようにそーっと写真を撮らせてもらいました。

こちらは二重扉も柵もなく、こんな自由な環境で大丈夫なの?と思う飼われ方なペリカン。
子供たちとお話ししてるみたい。

園内は広いだけでなく、景色もいいし、とてもきれいに保たれています。
下の写真あたりにはイルカなど、海の動物がいました。

寝転んだら気持ち良さそうな芝生があったり、飼われてるわけではなさそうな動物も。

マレーグマ〜!
シドニーのマレーグマもやっぱりおっさんぽくてかわいかった。
上野動物園ではよく見えなくてフラストレーションなことが多いので、こんなにバッチリ目が合っちゃって、感激ですっ。

さてさて、坂を全部くだって、下のゲートに着きました。

みられなかった動物もいて、まだまだ消化不良な気分ですが、今回のところはこれにて終了。
タロンガ動物園、すごくいいです。シドニーに来た際にはじっくりと再訪したい。^^

 

 

Contact  Privacy Policy
© Copyright 2017 Spica All Rights Reserved