Spica is also on a trip

mindだけはいつも旅

SFC修行 その5−7オペラハウスの見学ツアー

SFC修行 その5
−1 羽田発那覇経由のシドニー行き 預入荷物問題
−2 駆け抜けろ、羽田空港!
−3 羽田からシドニー、入国と市街地までのこと
−4 ダーリングハーバーでオージービーフランチ

−5 サーキュラーキーへお船でどんぶらこ シドニー最古のパブへ
−6 ロックス周辺フォトツアーとアフタヌーンティー 
−7オペラハウスの見学ツアー
←今回
−8 Amazing! タロンガ動物園
−9 ニュージーランド航空ラウンジと帰国・OKAタッチ 

アフタヌーンティーを満喫したのち、ロックスからサーキュラーキー方面に歩いて、オペラハウスに向かいました。

オペラハウスでは各国語でガイドツアーが行われていて、前日、オンライン申し込みをしといたのです。

でも私たち、ちょっとぼやぼやしてて、そのツアーの集合時間に遅れてしまいました。
入口も集合場所もちょっとわかりにくくて・・・。おそらく早めに行けば、同じツアーの人が集まっているはずなので、分かり易かったと思います。^^;

下の写真の左端、大きな階段の脇を進んでくださいね。

チケットセンターで予約の画面を見せて、急いで集合場所まで行きます。これもまたちょっとわかりにくくて、少し迷いました。^^;

クロークに荷物を預けたあと、すでにツアーが出発していたので、係りの人が連れてってくれました。ありがとうございます!

なんとか最初の説明ポイントで追いつくことができて、日本人ガイドさんから「大丈夫ですよ〜」と笑顔をいただきました。ほんとすみません・・・。

ツアーは建物の構造の説明や、建設過程のエピソードなど、お話を聴きながらオペラハウスの中を歩きます。
ホール以外は建物内部の写真を撮ることができます。

下の写真は、海側に面した部分の内側です。まぶし〜。

外から見える貝殻状の白い構造物と、その中身とは、実は一箇所も繋がっていないのだそうです。

トイレの水道もすごくかっこいい。

大ホールにも入ることができましたが、そちらは残念ながら撮影禁止。
とてもステキでした。
次に来るときはゆっくりオペラ鑑賞したいな〜。^^

そうそう、オペラハウスの外壁はこんな風に二種類のタイルでできてるって、ツアーで説明されるまで気づかなかった!
これああの輝きの秘密なのですね。

 ツアーの申し込みは当日、カウンターでも可能ですが、オンラインから予約しておくと少し安くなります。
時間も1時間ごとに1日7回あります。

Sydney Opera House Tour - Japanese

 

ツアーの後は、サーキュラーキー周辺をぶらぶら。
シドニー博物館も入ってみたかったけど、もう閉館時間が近く・・・残念。

私はもう一泊の予定ですが、1日早くWさんは帰国の途につくため、サーキュラーキーでお別れとなりました。

Wさんとお近づきになれたおかげで、昨日今日とすごく充実しました。
本当にありがとうございました〜っっ。

Contact  Privacy Policy
© Copyright 2017 Spica All Rights Reserved