Spica is also on a trip

mindだけはいつも旅

SFC修行 その5−5 サーキュラーキーへお船でどんぶらこ シドニー最古のパブへ

SFC修行5回目の話は長くなりますよ〜っ。

SFC修行 その5
−1 羽田発那覇経由のシドニー行き 預入荷物問題
−2 駆け抜けろ、羽田空港!
−3 羽田からシドニー、入国と市街地までのこと
−4 ダーリングハーバーでオージービーフランチ

−5 サーキュラーキーへお船でどんぶらこ シドニー最古のパブへ
←今回
−6 ロックス周辺フォトツアーとアフタヌーンティー 
−7オペラハウスの見学ツアー
−8 Amazing! タロンガ動物園
−9 ニュージーランド航空ラウンジと帰国・OKAタッチ 

 

実は、その昔、30年余り前に一度、シドニー来たことあります。
その時、確かこのシドニー湾でクルーズ船に乗ったんだよね。
コーヒーと源氏パイみたいなお菓子1個がついたクルーズでした。
クルーズの間ずっとデッキに出ていたのですが、座っていた母のもとに戻ってみると、なぜかすっごいいっぱいお菓子をもってる。
「隣にいたおじさんが娘にあげろって、次から次にくれたのよ。断り方わからずにいたらこんなになった」
娘、何十人いるのよ。

そんなこと思い出しつつ(笑)、この時乗ったのはクルーズではなく、単にダーリングハーバーからサーキュラーキーまで移動するフェリー。
これもWさんについて行きました。(本当にお世話になりましたっ)

ダーリングハーバーからサーキュラーキーへ行くには、ハーバーブリッジの下を通ります。

時間にして、20分くらいかな。あっという間に着いちゃうけど、ハーバーブリッジを潜り、オペラハウスの脇を通ったり、シドニーらしい風景が満喫できました。

前の方で写真撮ってたら、水がバッシャーンと大きく跳ねました。
私は辛うじて大丈夫だったけど、隣にいた南アジア人ぽいおじさんがずぶ濡れに。思わず拭いてあげちゃった。^^;

 下船してから乗って来たお船をパシャる。右のやつです、もちろん。

この後、海を右手に歩いて行くと、ロックスという地域です。

古い建物が並ぶ、情緒溢れる地域。

週末、マーケットが開かれますが、この時は丁度終わるくらいの時間。ちょっとだけ、閉店間際のところをみてまわりました。

ロックスを抜けた先、ハーバーブリッジにつながる道路の下を通るちょっと暗いトンネルがあります。

アーガイルカット。

なんとここ、流刑地だった時代に機械を使わず人の手と道具だけで掘ったトンネルだそう。

確かに手掘り感すごい。

あとで知ったのですが、ここ、映画マトリックスの撮影にも使われたそうです。
どのシーンだったか、わかります?

アーガイルカットを抜けた後もきれいな街並みが続きます。

しばらく歩くと、ありました。
シドニーで最初にできたパブ、The Lord Nelson Brewery Hotel。

2階がホテル、1階がパブになっています。

いい雰囲気でしょう〜!?
お酒飲めないわたし、多分一人では入らなかった。Wさん、ありがとう!

ランチのお肉が相当効いていて、全くお腹が減らなかったので、ミートパイを二人でシェアしました。
これ、すごく美味しかったです。上の緑はグリンピースを潰したもの。

この後、お店の近くからタウンホール駅にまで行くバスが通っていたので、それに乗ることにしました。

夕暮れのタウンホールもきれいでした。

Contact  Privacy Policy
© Copyright 2017 Spica All Rights Reserved