Spica is also on a trip

mindだけはいつも旅

SFC修行 その5−3 羽田からシドニー、入国と市街地までのこと

かなり今更なのですが、SFC修行5回目のつづき・・・。

SFC修行 その5
−1 羽田発那覇経由のシドニー行き 預入荷物問題
−2 駆け抜けろ、羽田空港!
−3 羽田からシドニー、入国と市街地までのこと←今回
−4 ダーリングハーバーでオージービーフランチ

−5 サーキュラーキーへお船でどんぶらこ シドニー最古のパブへ
−6 ロックス周辺フォトツアーとアフタヌーンティー 
−7オペラハウスの見学ツアー
−8 Amazing! タロンガ動物園
−9 ニュージーランド航空ラウンジと帰国・OKAタッチ

 

 シドニー行きの便は、私の乗ってきた那覇からの便のほか、もう一つ別の国内線を待っていたようで、10分くらいだったかな?ちょっと遅れての出発となりました。
この国際線はプレミアムエコノミーだったのですが、今回もまたラウンジ行けなかったヨ。

初めて尽くしで忘れかけてたけど、プレミアムエコノミー初搭乗でした。
先週乗ったばかりのエコノミーに比べるとやはり広い。


でもね、この時バルクヘッド席だったのですが、むしろ後ろの席の方がよかった。150cm(未満)ライフを送っている身なのでどの席でも膝前は余裕だし、前に座席があれば離着陸の時足下の荷物を膝にのせなくとも下に置いとけるし。モニター出し入れ不要でずっと見てられる方がいいです。

ふと、先ほど国内線ターミナルから一緒に走ってきた女性が、一つ向こうの席にいるのに気がつきました。お声をかけてみると、
「あー!・・・もしかして修行ですか?」
と、にこやかに返されました。
お仲間でしたか。( ・∇・;)

機内食はこちら。お肉は現地で食べそうってことで、選んだカニご飯。

 そして朝ご飯。

シドニー キングスフォード・スミス国際空港、着いたのは朝9時半ごろ。
飛行機から降りる際、一個向こうの席の修行僧さま(以下Wさん)とお話ししながら歩きました。
なんと彼女は、出国して搭乗口までに行く間のあの短い時間にラウンジに行ってきたそうです!

シドニー空港は入国審査がこんなやつでした。SmartGate kioskというらしいです。
ハイテク~。

この先にもうひとつ、顔認証のゲートがあります。

そしてラゲッジクレーム。
プライオリティタグ付いてるはずだけど、ぜんっぜん出てこない。
さすがにあんなぎりぎりだったんだもの、仕方ないのです。でももし乗せてもらえてなかったら・・・と焦りだした最後の最後に揃って二人分出てきました。よかった!^^;

その頃になると、入国するための列が壁伝いに部屋一周くするくらいになっていました。
最後尾を求めて、ほんとに部屋一周して、気づく。これは検疫をうける人の列だと。

オーストラリアは食べ物の持ち込みが非常に厳しいので、時間がかかるんですね。
私たちは検疫が必要なものは持っていないので、そういう場合はこの緑のゲートに進みます。(ということがわかるまでしばらくオロオロしましたが、Wさんが気づいてくれました。)

無事入国後は、ATMで現地通貨をキャッシング、SIMカード購入のルーチン。

SIMはこちら、Oputusを利用しました。
カウンターで入れ替えて設定してくれたけど、私の持ってたAndroidではなぜかつながりません。

しばらくスタッフの方が二人がかりで試行錯誤してくれたけど、結局つながらなかったので、iPadの方に入れてもらいました。
iPadなら問題なくつながり、デザリングもできて、なんとかセーフ。
iPadもってってよかった~。


それから市街地へ向かう電車へと乗り込みます。
電車に乗る前、改札近くの窓口でオパールカードを購入。
SuicaやPASMOみたいな感じ。これ一枚で、電車もバスもフェリーも乗れるので、シドニーステイには必須アイテムです。
初回の入金は窓口で申し出るのですが、以降のチャージはアプリで簡単にできます。
私もいくらくらい使うかよくわからないし、返金手続きが難しいそうなので、窓口ではとりあえず$20だけの入金でカードを発行してもらい、後からアプリで何度か入金しました(空港からCentral Stationまでは$16.72です)。

電車に乗ってほっと一息。
ここまでずっとWさんと一緒で、話も弾みました。
そして
「I'm Angusに行こうと思ってるの。一緒に行く?」
と!
私この旅、えらくざっくり計画しか立ててなくて、渡りに船です。

私の宿泊先は中心部より手前でだったので、Wさんとは一旦別れて、ひとりで途中下車しました。

Contact  Privacy Policy
© Copyright 2017 Spica All Rights Reserved