Spica is also on a trip

mindだけはいつも旅

SFC修行 その3-1 数年ぶりの成田とANAラウンジの巻

7月にミッションクリアしたものの、なかなか記事アップできなかった、SFC修行のフライト第3弾、エア・チャイナで行く弾丸シンガポール。
その模様を少しずつ書いていきます。

予約した時の話はこちら。 

www.spica-alphavirginis.com

成田空港を使うのはとても久しぶり。

初めてThe アクセス成田というバスを使ってみました。

このバスに乗ったのは初めてだけど、窓から見える風景は見覚えがあって、なんだか「これから海外に行く」っていう気分になってくる。
昭和生まれにとって、やはり海外旅行=成田空港の図式が刷り込まれているのかな。
羽田だと通勤電車感が抜けないうちに着いちゃうからかも。

予定してたよりも少し早く家を出て、早いバスにも乗れ、道路も順調だったので、成田にも早く到着。
なのに飛行機は30分遅れだって。
早速でた!エア・チャイナの遅延!時間あまる~。
カウンターでANAラウンジを利用するようご案内いただきました。
搭乗ゲートは遠い遠い遠~い44。でもラウンジはそのすぐ側に。

初めて入ります。ドキドキ

結構広くてとてもきれいでした。窓がいのがちょっと残念なとこ。

入ったときは全然人がいなくて、ガラガラでした。お料理もガラガラ。
あるものだけいただいた・・・後にカレーとかおうどんの存在を思い出し、少なめに盛っていただきました。
炭水化物でおなかいっぱい。

その後もしばらくラウンジでテレビなど見ながらゆっくり。松居一代さんの話題に詳しくなって、時間になったので、搭乗口へgo。

そこでさらに遅延の情報。遅れは30分どころじゃなくなって、ついには、ゲートの変更・・・・。

44番ゲートから遠い遠い遠~い、28Fまで戻ります。来た道のり全部じゃん!
ゲート変更後もなかなか搭乗は始まらず、結局16:30。
そこからバスで貨物のエリアまで運ばれて、やっと飛行機に乗ることができました。
乗ってからも、またしばらく待ち。
どうやら行先の北京の天候不良が原因みたい。
じゃ、しょうがないよね。

やっと飛行機に乗ったところですが、次回に続きます。

 

 

Contact  Privacy Policy
© Copyright 2017 Spica All Rights Reserved