Spica is also on a trip

mindだけはいつも旅

旅のしおりの作り方

旅行が決まったら、いつも、自作のガイドブック兼旅のレコードブック、「しおり」を作ります。

 

 f:id:grueneslaub:20170701202451j:plain

 
ガイドブック持っていけば済むし、今や世界中どこでもネットは見れるじゃん、と思うけど、自分の旅に必要なものだけを凝縮したこれ、とぉっても便利なんです。

もちろんこれで足りなくなった時は、スマフォやガイドブックの出番なのですが、あらかじめ決めていたけど、全部覚えていられないようなことを書いておけば、アクセススピードは抜群。

レコーディングの部分は、いつでもどこでもささっと走り書きできるのが手書きのいいところ。
買ったものや食べたものの記録をつけておくと、あとで役に立ちます。旅先にあるスタンプも押しちゃいます。
現地で仲良くなった人がいたら、メッセージを書いてもらったりもできるかも。

旅行が終わった後で読み返すと、また旅の楽しさがよみがえってきて、何度でも楽しい。笑


私の場合、WordとExcelで作ります。
プランを練りながら、書いては消し、書いては消し、ほぼ固まったところでプリントして綴じます。
一緒に行く人がいる時は、その人の分もすぐに作ってあげられるし、結構喜ばれたり。^^
上の写真で、赤ラインのTaiwanは私の、青ラインは夫のです。

 

旅ノートとか旅日記とか、書かれている方も多いと思いますが、Spicaの作り方をご紹介します。

 

1.サイズ

写真にあるのの多くが、ハガキ大くらいのサイズです。
移動中にさっと取り出して見られるように、大きくてもA5サイズかな。
ベトナムのはちょっと大きくて、A5の上下を少し切っています。
横型にしていたのですが、開いた時に結構スペースを取るので、近年は縦型が多いです。

 

2. 閉じ方

以前は上の写真のドイツ・台湾旅行の時のもののように、割りピンで閉じていましたが、ページを折り返して小さくできるよう、中綴じがお気に入りです。
折り返して使うなら、横型でもいいかな。

 

3. コンテンツ

毎回作るページは次の通り。

持ち物リスト
おみやげリスト
大まかな旅の日程
■以下 × 日数分
 ・その日のプラン
 ・食べたもの/買ったものリスト
 ・チケットなどを入れておくクリアポケットのページ
 ・日記

 

では次回、コンテンツについて詳しくご説明しますね。

Contact  Privacy Policy
© Copyright 2017 Spica All Rights Reserved