Spica is also on a trip

mindだけはいつも旅

東京タワーでいやげ物

うちの夫、みうらじゅんさんがすっごくツボなんですよ。いや、私も好きですけどね。
みうらじゅんさんの言う「いやげもの」なんて大好物。

土産物とは、そもそも買った者も貰った者も大喜びする前提で作られるべきものなのですが、どうもイマイチ。
いや、それどころか“一体、誰が買うんだろう?”と、店先で疑問を投げかけてくる物があります。
それがすなわち『いやげ物』であって、私は何十年にも渡り日本各地を回って集めてきました。
今ではそれらも絶滅危惧種。民俗学的には貴重なものとなりました。
よって、前回大阪での展示から冠に『国宝』を付け、より多くの方々にお集まり頂き、楽しんで頂けることを願ってやみません。

みうらじゅん
(国宝みうらじゅん いやげ物展 in TOKYOのサイトより引用)

 

www.parco-art.com

このいやげ物展が開催された時にはもちろん連れて行かれました。

こんな本も出ていますので、ご興味のある方はどうぞ・・・。 

いやげ物 (ちくま文庫)

いやげ物 (ちくま文庫)

 

 

そんな彼にとって、東京タワー下にあるおみやげ屋さんは宝の山らしいです。 

 

地下鉄、赤羽橋駅で降りると、すぐ見えます。

スカイツリーに人気は奪われたかと思いきや、結構たくさんの観光客がいました。

歩いて行くと、だんだん暗くなり、ライトも増えてきた。


赤羽橋駅から徒歩10分程度の距離ですが、歩いてるうちにどんどん暗くなり、暗くなると一段と赤が映えますね。

 

この足元に、ショップやレストランが入ったビル、フットタウンがあります。
赤羽橋方面から行くと、駐車場直通の2階エントランスから入ることになり、入った正面に目指す聖地が。

 

それでは、東京おみやげたうんの様子をどうぞ。

 

 

 

みうらじゅんさんの国宝級いやげ物には遠く及ばないのですが、平成も終わろうとしているこの時代にあって、なかなか貴重なラインナップです。

 

夫、この中からもっともひどいのを厳選し、3000円近く買いました。
MJ好き仲間へのプレゼントだそうです(まぢか)。

と言いながら、自分のものもいくつもあるらしい。
買ったやつ、どうするんだろう・・・。

 

 

Contact  Privacy Policy
© Copyright 2017 Spica All Rights Reserved